ブログ

慎重になりすぎている時に見る動画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイレクトレスポンスマーケティングで音楽業界に恩返しを誓う!
たけやんです。

今回は、

慎重になりすぎている時

について話をしています。

 

”石橋を叩いて渡る”という言葉に代表されるように、慎重になってしまう時は多くの場面であると思います。

特になにかを始める時であったり、時間やお金を使って投資などをする時など。

その上で言えるのは、まぁ当たり前すぎることなんですが、

慎重になるのは失敗が怖いから

なんです。

 

けど、どんなことでも(特にビジネスにおいては)、100%の成功率というのはあり得ないわけですよね。

だからこそ、決断には必ずリスクというものがあります。

どんな決断をするにせよ、リスクは必ずある。

例えそれが、なにかをやらなかった時だったとしても、それもやらなかったなりのリスク(得られなかった結果、得られなかった未来を失うなど)があるんです。

だとすれば、あとは決断をするのみ。

 

そして、その決断をする上で大事にしてもらいたいことが、

ネガティブシュミレーション

というものです。

 

ビジネスにおいて考えなければならないことは、

最高の結果を望み、最悪を避ける

ということ。

いいとこ取りのような気がしますが、ネットビジネスであれ、ビジネスに関わっているのであれば、そこを考えなければならないのです。

そのためにネガティブなシュミレーション(最悪な結果を想定する)ことを行うのですが、もし、リアルにありありとシュミレーションをしてみて、

「いやぁ・・・やっぱり無理だわ」

と思うのであれば、今はまだ決断すべきことではないのかもしれません。

こと、ビジネスに関しては、例えば成功率が10%くらいだと感じたのであれば、それはやめておいたほうがいいでしょう。
今はその時期じゃないのです。

もっと力や知識を蓄えて、再度ネガティブシュミレーションを繰り返し、成功率が上がって、

「これならいける・・・かも・・・」

くらいになった時点で決断をすべきなのです。

 

気合や根性”だけ”で乗り越えられるほど、結果を出すのが簡単な世界ではありません。

自分の冷静なシュミレーションを繰り返し、その上で判断をしてみるのも、一つの有効な決断方法なので、是非試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人生の選択肢を増やすための永田武公式メールマガジン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る