ブログ

【マーケティングとは】初心者でもわかるDRMの基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイレクトレスポンスマーケティングで音楽業界に恩返しを誓う!
たけやんです。

今回は、

マーケティング

について話をしています。

 

その中でも中心的に話をしているのが、

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

についてです。

 

インターネットビジネスにおいて必要なのは、

  • DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
  • コピーライティング
  • ブランディング

この3つのみです。

 

なので、このマーケティング手法は必ず身につけてください。
私のサイトでも、このDRMを中心にお伝えしていきます。

インターネットビジネスにおいて、
このDRMは必須のスキルです。

今現在、ネットビジネス業界において、
大きな利益を上げている人は、ほぼこのDRMを行っており、
海外であれば、DRMで個人が10億以上の利益をあげています。

それくらい、このDRMはネットビジネスで、
大きな利益を上げるための必須スキルなのです。

 

DRMというのは、お客様に反応をいただくマーケティング手法。
具体的には、

  1. 露出
  2. 認知
  3. 信頼
  4. 共感
  5. 教育
  6. 販売

と言った流れで、お客様にモノやサービスを届けることです。

通常のマーケティング(マス・マーケティングなど)であれば、
露出や認知を広く行い、販売に繋げるのですが、
企業ほどの資本がない私たち個人企業主は、
いかにお客様と信頼関係を結ぶかがポイントとなります。

露出や認知度は、マス・マーケティングに比べれば小さいかもしれません。
しかし、その分コンバージョン率(成約率)で結果を上げることができるのです。

 

そのコンバージョン率を向上させるために必要なのが、

  • コピーライティング
  • ブランディング

の残り2つとなります。

 

これからの時代、どんなマーケティング手法であれ、
「売り込み」の時代は終わりました。

「マネジメント」で有名なP・ドラッガーも

「マーケティングの理想は営業を不要とすること」

と表現しています。

DRMをしっかりと身につけ、価値のある情報を発信し、
お客様に「納得」して購入していただくことを心がける。

そのために、このサイトでは、テクニックや理論も含め、
私の持っているスキルを全て公開します。

一緒に学んでいきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人生の選択肢を増やすための永田武公式メールマガジン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 10月 16日

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る