ブログ

【ドア・イン・ザ・フェイス】心理学を応用したコピーライティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイレクトレスポンスマーケティングで音楽業界に恩返しを誓う!
たけやんです。

今回は、

ドア・イン・ザ・フェイス

について話をしています。

 

コピーライティングのテクニックの1つでもある、
ドア・イン・ザ・フェイスというテクニック。

これは、

過大な要求を提示し、
断られたら、本命の要求を出す交渉術

のことです。

最初に門前払いされるような要求をするため、

門前払い法

とも言われています。

 

A「この書類、今日中にお願いしていいかな?」

B「え・・・、これは無理ですよ」

A「そうか。じゃあ、このページだけでいいよ」

B「それであれば」

 

例えると、こういうものです。

Aが本当にお願いしたいのは、一部分のページ。
だけど、いきなりお願いすると断れる可能性があるので、
先に断られて当然な無理な要求をお願いしています。

Bとはして、相手が譲歩してくれたので、

(こっちも譲らないと)

という心理が働いて、当たり前のように引き受ける。

 

これは人間の返報性の法則に則っています。

返報性の法則とは、

断った相手が譲歩すると、
自分も譲歩しないと申し訳なくなる

という心理が働くことです。

 

直接、話したりすればこの返報性の法則は利用できますが、
コピーライティングにおいて気を付けなくてはいけないのが、

しっかりと読んでもらう

ということです。

 

よく、

10万円→3万円

といった表現もありますが、

これは厳密にはドア・イン・ザ・フェイスとは違います。

 

返報性の法則を利用したドア・イン・ザ・フェイスは、
しっかりと返報性を感じてもらわなければなりません。

そのためにも、読み手の人がちゃんと自問自答し、
まるで会話をしているような文章を作るよう、
しっかりと読者目線で文章を作りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人生の選択肢を増やすための永田武公式メールマガジン

コメント

  1. たけやんさん

    こんにちは、やはぎと申します。
    ドア・インザ・フェイスはですが、
    相手に返報性を感じてもらうところが肝ですね!

    そういった文章が書けるようになれば
    もう怖いものなしですね!!ww

    ありがとうございます!今後とも宜しくお願いします。

    • やはぎさん

      日常の中で当たり前のように使われていることですが、
      意識をするとしないじゃだいぶ変わってきますよね。
      こう考えると心理学ってコピーライティングに本当に重要です。

      コメントありがとうございました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る