ブログ

【迷わせない3つの法則】1つにこだわる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイレクトレスポンスマーケティングで音楽業界に恩返しを誓う!
たけやんです。

今回は、

迷わせない3つの法則

について話をしています。

 

コピーライティングでは、【6_4】4つの壁でもお伝えしたように、

お客様が迷ってしまうこと

が多々あります。

そのためにも、文章作成やコピーライティングでは、
できる限り迷わせないよう意識をして構成していきます。

 

お客様を迷わせないための3つの法則とは、

  • 1つのメッセージ
  • 1つのオファー
  • 1つの出口

の、この3つの「ONE」です。

 

1つのメッセージ

基本的に人間は多くのことを覚えることができず、
情報量が多ければ多いほど、忘れていくことも増えていきます。

なので、重要なのは、

1つの記事や文章には1つのメッセージだけを込める

ということです。

 

アフィリエイトについての話をしているのに、
急にダイエットについての話をしたり、FXについての話をしたり、
例え価値のある情報だったとしても、関連性のないものが、
1つの文章の中に込められていると、お客様は迷ってしまいます。

 

1つのオファー

選択肢が増えると、人は迷ってしまいます。

オファーというのはあなたが商品やサービスを紹介することであり、
関連性のないものを紹介すれば、その分お客様は迷ってしまいます。

関係のないものはオファーしない。

1つのものをオファーするように心がけましょう。

 

1つの出口

最後の「ONE」は、

お客様にどう行動してもらいたいのかを明確にする

ということです。

商品を販売するためのセールスレターなのに、
アンケートを募集していたり、メルマガ登録をすすめていたり、

結局お客様はなにをすればいいのか

ということがブレてしまうと、迷ってしまいます。

そうならないためにも、出口は1つに絞りましょう。

 

軸を持つということ

1つに絞るというのは、いうなれば、

軸を持つ

ということです。

あなたがなにを伝えたくて、お客様にどうなってほしいのか。

そこが明確になっていれば、
自然と「ONE」を意識した文章になるはずです。

自分の文章などを読み返してみて、
色々とチェックしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人生の選択肢を増やすための永田武公式メールマガジン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月 14日

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る