ブログ

【使えるキャッチコピー例】メルマガ、セールスレターですぐに使える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイレクトレスポンスマーケティングで音楽業界に恩返しを誓う!
たけやんです。

今回は、

使えるキャッチコピー例

について話をしています。

 

【6_7】キャッチコピーでもお伝えしましたが、
キャッチコピーというのは非常に重要です。

今回は使えるキャッチコピーの例を紹介します。

 

新情報を意識する

人は単純に新しい情報に興味を持ちます。

新しい情報の中に自分に役に立つ情報があるのであれば、
そこから読み進めてもらう可能性が非常に高いわけです。

 

  • 「紹介」を入れる。
  • 「発表」を入れる。
  • 「とうとう、いよいよ」を入れる。
  • ニュース風にする。

 

価格を意識する

購入をするか迷っている時に決めてとなるのが価格です。

魅力的な価格を意識してキャッチコピーを組み立てれば、
強く読み手の心に刺さるでしょう。

 

  • 価格をメインにする。
  • 割引をメインにする。
  • 支払い方法をメインにする。
  • 無料をメインにする。

 

読み手を意識する

あなたが読んでもらいたい見込みのお客様が読んだ時、
しっかりとその読み手のお客様に語りかけることができれば、

「これは自分のことだ」

と、読み進めてくれるでしょう。

 

  • ストーリーを伝える。
  • 「求む」を入れる。
  • 「アドバイス」を入れる。
  • 質問形式にする。

 

組み合わせる

キャッチコピーの例をいくつか挙げましたが、

「これだ!」

というものはありません。

ポイントは、これらを自分の商品やサービス、ターゲットに合わせて、

組み合わせる

ということです。

 

何度も繰り返しになりますが、キャッチコピーは文章を読み進めてもらうための最重要項目。

手抜きをや妥協をせずに、魅力的なコピーを考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人生の選択肢を増やすための永田武公式メールマガジン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 1月 23日

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る