ブログ

【コピーライティング3つの罠】読み手を意識することの大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイレクトレスポンスマーケティングで音楽業界に恩返しを誓う!
たけやんです。

今回は、

コピーライティング3つの罠

について話をしています。

 

【6_4】4つの壁でも伝えた越えなければならない壁。

その4つとは、

  1. 気がつかない
  2. 読まない
  3. 信じない
  4. 行動しない

です。

 

どうしてもその壁が超えられないのだとすれば、どこかで、

コピーライティングで陥りやすい3つの罠

にはまっているかもしれません。

 

 

罠その1.読み手を絞っていない

コピーライティングを考える上で、

全員を対象に文章を書いていても、それは届きません。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)では、
お客様に反応、レスポンスをもらうことが大きな目的であり、
そのためには、対象を1人に絞らなければ、

「これは私のことではないな」

と、無意識で感じて、読み飛ばしてしまいます。

 

コピーライティングとは、ラブレター

それを意識して、たった一人の理想のお客様へ、
あなたにしか書けないラブレターを書きましょう。

 

 

罠その2.読み手の苦痛を意識していない

大前提ですが、

ビジネスとはお客様の問題解決

です。

 

そのためにも読み手のお客様には、
更に問題にフォーカスしてもらう必要があり、

「絶対にそうなりたくない!」

という意識を持つことで、行動に繋がります。

 

そのためには、

  • 不安
  • 不満
  • 悩み
  • 痛み
  • 解決したい問題
  • 満たしたい欲

をしっかりとリサーチし、
そこを意識して文章を書く必要があります。

 

 

罠その3.読み手の快楽を意識していない

苦痛と同じく、人が行動するためには

快楽

も、非常にエネルギーがあります。

  • 絶対にそれがほしい!
  • そこに行きたい!
  • そうなりたい!

自分が得られる未来をリアルに感じることによって
4つの壁を次々と超えていきます。

 

結局のところ、お客様は

「で、あなたは何をしてくれるの?」

ということを知りたいのです。

 

そのためにも、お客様が得られる利益や未来など、
リアルに感じられるような表現をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人生の選択肢を増やすための永田武公式メールマガジン

コメント

  1. トク☆オタと申します。

    人気ブログランキングからの訪問です。

    コピーライトの一番大切な部分が解かり易く解説されてあって勉強になりました。

    もっと自分も相手の悩みを解決するような記事を書いていこうと思います。

    情報&記事ありがとうございます。

    応援していきます。ポチっと。

    • トク☆オタさん

      コメントありがとうございます。

      ビジネスとはお客様の問題解決。

      ネットビジネスでもリアルのビジネスでも、
      自分が経験してきて重要だなと思うのはそこです。

      これからもどんどん情報発信していきますね!
      ありがとうございました。

  2. たけやんさん

    こんばんは、やはぎと申します。

    文章はラブレター、身にしみます!!

    相手に響かなければ無いのと同じですね。

    そして苦痛!相手の嫌なところを取り除いて

    楽にしてあげるのがビジネスですね!

    良い気付きをありがとうございます!

    応援です!

    • やはぎさん、コメントありがとうございます。

      たった一人の相手へのラブレターですよね。
      読んでもらって、嬉しくなるような文章を
      書き続けていきたいですよね!

      応援、ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る