ブログ

【文章力の基本】フォント、文字装飾、改行、余白を意識して書く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイレクトレスポンスマーケティングで音楽業界に恩返しを誓う!
たけやんです。

今回は、

フォント、文字装飾、改行、余白を意識した文章力の基本

についての記事です。

 

【読みやすく綺麗な文章とは】サイズ、行間、見出しを意識して書く
でもお伝えしましたが、読みやすい文章や、綺麗な文章には、
ある種の決まりごとがあります。

そういった文章力の基本として、今回は、

  • フォント
  • 文字装飾
  • 改行
  • 余白

についてお伝えします。

 

フォントとフォントサイズ

文章を作成する上で、フォントやフォントサイズは非常に重要です。

比べてみましょう。

フォント

フォントの種類はもちろん、サイズによっても大分印象が変わりますね。

特にボリュームの多いコンテンツ文章やレポート文章などでは、
奇抜なフォントは非常に読み疲れしてしまいます。

よほどのことがない限り、

  • 明朝体
  • ゴシック体
  • メイリオ

にしておけば大丈夫でしょう。

あと、プリンターなどで印刷する場合は、
Web上で見えているフォントと、印刷されたものでは、
多少雰囲気が変わるので、必ずテスト印刷を行ってください。

 

文字装飾

太字や色、背景色など、文字を強調する場合ですが、

やりすぎは注意

です。

例を見てみましょう。

 

歌手・石川さゆり(56)が、シンガー・ソングライター椎名林檎(35)とタッグを組み、4月2日にシングル「暗夜の心中立て」を発売することが27日、分かった。椎名がプロデュースして作詞作曲も担当。椎名テイストがたっぷりと入った、これまでの石川さゆりにない世界観の作品に仕上がっている。

 

どうでしょうか。
確かに強調はされていますが、ここまでやってしまうと、
目がチカチカして疲れてしまいますよね……。

最初の見出しだけなどであればいいんですが、
これが文章全てにちりばめられているとすると、
途中で読む気も失せてしまいます。

強調ということは、
本当に絞り込んだものを伝えるからこそ強調です。

だからこそ、多用していては意味がありません。

そのため、文字装飾で利用するのは、

  • 最重要ポイント(太字 赤字 黄色拝啓)
  • 第2重要ポイント(太字 赤字)
  • 第3重要ポイント(太字 黒字)

の3つ程度に絞りこみましょう。

文字のサイズを変更することも一つの手法ですが、
やはり綺麗な文章というのは、大きさも統一されています。

そもそも、強調すべき場所が散らばっているということは、
伝えたいことがまとまっていないという証拠です。

しっかりと、自分の伝えたいポイントを抑えましょう。

 

改行、余白

改行や余白は、文章のリズムやテンポを作るためのものです。

文章を読んでもらう時に、リズムやテンポが悪い文章というのは、
非常に疲れてしまいます。

 

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました。おばあさんが川でせんたくをしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。
「おや、これは良いおみやげになるわ」おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰りました。そして、おじいさんとおばあさんが桃を食べようと桃を切ってみると、なんと中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきました。
「これはきっと、神さまがくださったにちがいない」子どものいなかったおじいさんとおばあさんは、大喜びです。桃から生まれた男の子を、おじいさんとおばあさんは桃太郎と名付けました。桃太郎はスクスク育って、やがて強い男の子になりました。

 

これは『ももたろう』の文章ですが、
これだといっぱいいっぱいまで書いてあり、
改行がないために、息が詰まる感じがします。

パソコンやスマホがメインのWeb文章の場合、
多くは縦に視線を動かします。
そこに横の視線移動が加わると、
一気に読み疲れしてしまうわけです。

なので、極力左右の視線移動を減らすために改行を使います。

 

むかしむかし、あるところに、
おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしばかりに、
おばあさんは川へせんたくに行きました。
おばあさんが川でせんたくをしていると、
ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。
「おや、これは良いおみやげになるわ」
おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰りました。
そして、おじいさんとおばあさんが桃を食べようと桃を切ってみると、
なんと中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきました。
「これはきっと、神さまがくださったにちがいない」
子どものいなかったおじいさんとおばあさんは、大喜びです。
桃から生まれた男の子を、おじいさんとおばあさんは桃太郎と名付けました。
桃太郎はスクスク育って、やがて強い男の子になりました。

 

大分テンポよく読みやすくなったのではないでしょうか。

改行のタイミングは、句読点を中心に、
全体幅の3分の2程度になったら改行するようにしましょう。

 

そして、さらに読みやすい文章にするためには、
空白改行を入れて、余白を作ります。

 

むかしむかし、あるところに、
おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは山へしばかりに、
おばあさんは川へせんたくに行きました。

おばあさんが川でせんたくをしていると、
ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。

「おや、これは良いおみやげになるわ」

おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰りました。

そして、おじいさんとおばあさんが桃を食べようと桃を切ってみると、
なんと中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきました。

「これはきっと、神さまがくださったにちがいない」

子どものいなかったおじいさんとおばあさんは、大喜びです。

桃から生まれた男の子を、おじいさんとおばあさんは桃太郎と名付けました。
桃太郎はスクスク育って、やがて強い男の子になりました。

 

改行は基本的には1行だけ空けましょう。
※その部分を独立して強調したい場合は、複数行あける場合も。

文章の構成によっては、3~5行を1つの塊として、
改行を入れることが多いのですが、判断基準として、

声に出して読んでみる

ことを実践してみてください。

実際に声に出して読んでみると、
文章の流れがすごくよくわかります。
※誤字脱字や文法間違いも発見できる。

 

以上、

【文章力の基本】フォント、文字装飾、改行、余白を意識して書く

に関する記事でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人生の選択肢を増やすための永田武公式メールマガジン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る