ブログ

トレンドアフィリエイト実践3日目で3000アクセス集める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイレクトレスポンスマーケティングで音楽業界で恩返しを誓う!
たけやんこと、永田武です。

今回は、

トレンドアフィリエイト実践3日目で3000アクセス集める方法

についての記事です。

 

つい先ほどなんですが、
自分のコンサル生から嬉しい報告がありました。

 

ワードプレスでの記事を
本人がTwitterで取り上げてくれて
アクセスが3000人を突破しました!
アドセンスも1300円以上の利益です!

これがキッカケでドメインが
少しでも強くなってくれたら嬉しいです^^

これからもコツコツやっていきます!

 

このコンサル生は、
WordPressで記事を書き始めて、
まだ3日目で、記事数も5記事です。

WordPressはアクセスが集まると、
それだけ注目されているということで、
Googleからの評価も高くなります。

今後、ますます伸びていくでしょうね。

 

さて、
じゃあ私はこのコンサル生に、
いったいどういうアドバイスをしたかというと、
非常にシンプルです。

 

『もっと記事に感情出して』

 

これだけです。

 

トレンドアフィリエイトや、
特化サイトで稼げない多くの人に共通するのは、

 

『記事に人間味がない』

 

ていうところなんですよね。

 

SEOを意識したネタ選びや、
キーワード含有などに注力して、
記事を読んでも全然面白くない。

というか、他のサイトと
ほとんど一緒な内容です。

ニュースの事実を書いて、
画像や動画を入れて、
最後にちょこっとだけ、

『これはすごいですね!』

みたいな感想を一言。

これだと差別化もできず、
リピーターになる確率は、
相当低いでしょうね。

 

Googleがサイト評価に対して、
一番注目していると言われているのが
サイト滞在率と、直帰率です。

いかにして自分の記事を
最後まで読んでもらえるか。

いかに他の記事に興味を持ってもらい、
そちらのページに流れてもらうか。

ここを意識するためには、
単純に『事実』だけを書いた記事じゃ、
なかなかファンにはなってくれません。

どんどんと自分の感情を入れて、
他の記事との差別化をしていきましょう。

 

感情を入れると言っても、
そんな難しく考えなくてもいいんですよ。

ムカついたと思ったら、
太字で大きく、

 

ムカつく!!!!

 

と書けばいいですし、
嬉しいことなのであれば、

 

うっひょ~~~!!!!

と書けばいいんです。

 

ただそれだけでも、
『作者の人間性』が見えてきますよね。

 

トレンドサイトの多くは、
まるで機械的な感じがしませんか?

デザインとかで差別化してるならまだしも、
無料ブログ実践が多いせいか、
そのままのテンプレートでやってるから、
なおさらみんな一緒にみえてしまう。
※無料ブログでもデザイン変えればいいのに。

 

私のコンサル生には、

 

『とにかく感情を出して、人が読んで面白い記事を』

 

ということを伝えています。

 

読者目線ですよね。
トレンドサイトと言えど、
読んでいる人は人間です。

感情もあり、生活もあり、
人生を大切に生きている人が、
時間を使って記事を読んでくれています。

そこをただ、コピペで終わらせたり、
ちょっとリライトした記事だったり、
それで、本当に『価値』を提供できるのか、と。

 

今回のこのコンサル生のすごいところは、
『本人が紹介してくれた』
というところですね。

どういったアプローチがあって
その方の目に止まったかはわかりませんが、
記事を読んで気に入ってくれたからこそ、
自身の媒体で紹介してくれたんでしょう。

 

5記事で3000アクセス集まります。
トレンド初めて3日でここまでいきます。

 

あなたのサイトには、
ちゃんと『人間』がみえていますか?

 

 

ただ、感情しか入れずにその場の勢いで書くと
こういう記事が生まれます。(笑)
http://takeyan.info/gourmet05

10957014_708120565976921_7181621968606237189_n
友だち追加数
ID:@takeyan

『ビジネスをやることで幸せになれる理由』
『本当の豊かなお金持ちになるための順番』
『ビジネスは最初から”いい人”になるな』
を語ったセミナー動画を無料プレゼント!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る