ブログ

アイディアを永久に生み出すことができる簡単3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どうもどうも。
ビジネスアーティスト永田武です。

最近公開したオリジナルドラマですが、
多くの方に、

『よく思いついたね~』

という声をいただきます。

昔からこういった面白い作品を創るのは好きなのですが、
ただ、なにもいきなりポーンと思いついたわけではないんですよ。

このドラマを創ってみようというきっかけがあったのです。

y--U1GNK-J-u0.480x360

 

とある日の電車の中で

ある日、都内で電車に乗っていた時のことでした。

私は、比較的混み気味だったその電車で、
出入り口のドアのところに立って上部のCMを見ていたんです。

※私も東京に来てビックリしたんですが、
都内の電車や地下鉄には、到着を知らせるモニターにCMが流れるんですよ!

JREaste-SeriesE233-LCD

 

そこで流れていたのがこのCMです。

 

電話の開発者、グラハム・ベルの元にやってきたイチロー選手。

彼が持っているスマホを見て、

『まさかこれが電話!?』

と驚くベル。

その二人の元に、さらに未来からやってきた子どもが……。

 

という、1分のショートストーリーとなっているのですが、
非常にユニークで面白いですよね。

このショートストーリーのCMを見てピンと閃き、
今回のオリジナルドラマを創ったのです。

 

誰でもできるアイディアを生み出す方法

私がアイディアを思いつく時には、意識しているコツは、

自分に置き換える

このことだけです。

そこで、想像力と創造力を働かせて、
具体的なアイディアに結び付けていくことが多いかなって思いました。

 

極端なことを言ってしまえば、

世の中で起こっていることをは全て自分に置き換えることができるんですよね。

 

今回のイチロー選手のCMに関しても、

『自分があの登場人物だったとしたら……』

と考えてみたわけです。

あのCMは、『未来とのつながり』がテーマなわけで、

『未来の自分からアドバイス受けるとしたら~』

と考えて、あのドラマの中のレポートを作成したのです。

 

永久にアイディアを生み出せる3ステップ

アイディアを生み出す時に大切なのが、

『起こったことからそのエッセンスを抜きだす』

ということです。

 

テーマであったり、コンセプトであったり、価値観であったり、
その出来事の中で

『なにが大切なんだろう?』

ということをしっかりと抜きだすことがポイントになります。

そしてその抜きだしたエッセンスを自分のストーリーに置き換える。

 

図にするとこんな感じ。

01

ペイント手書きなので汚くてすいません(笑)

  1. ドラマでも映画でも事件でもなんでもいいので、
    まずは目の前でなにかが起こっているわけです。
  2. そしてそこから『これって時分にとってなにが大切だ?』とエッセンスを抜きだす。
  3. 自分のストーリーに当てはめるものはないかを探す。

この3ステップをやっていれば、アイディアなんて永久に生まれてくるわけです。

もちろんその時の状況や意識によって、抜きだすエッセンスも変わるし、
自分がやりたいことによって、当てはめるストーリーも変わってきます。

だからこそ、同じアイディアっていうものは生まれないし、
同じ出来事に触れていても、まったく別のひらめきが生まれることがあるんです。
※久しぶりに昔読んだ本を読んだら感想や気づきがまったく違うことありますよね?

 

最初はエッセンスを抜きだすのが難しいと感じるかもしれませんが、
これも数稽古を繰り返せばどうとでもなっていきます。

目の前で起こることは全てのことがヒントであり、チャンスです。

常に脳みそを『スタンバイ状態』にして、起こること全てを楽しんじゃってください♪

永田武公式LINE@マガジン



LINE友達追加で、

バンドでメジャーデビューした話
声優オーディションに落ちた話
30代で未来が見えなくなった
ビジネスを始めたきっかけ
現在はいくら稼いで何をやっているのか
妻との出会い


などを語った、 ”本当の豊かなお金もちになるため”の動画をプレゼント!

友だち追加

パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力!
@takeyan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る