ブログ

【ダイレクトレスポンスマーケティングの基礎】お客様リストとテスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイレクトレスポンスマーケティングで音楽業界に恩返しを誓う!
たけやんこと、永田武です。

今回は、

【ダイレクトレスポンスマーケティングの基礎】お客様リストとテスト

についての説明をします。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングは、

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

の3つの柱から成り立つマーケティングですが、
それを実践する前に意識しなければならないことがあります。

それは、

売れる商品ではなく、ニーズのある商品を売る

ということ。

資金力のある企業ならまた別ですが、
個人でビジネスを行うにあたって、
リスクは極限まで減らすにこしたことはありません。

『これ売れそうだな~』『絶対いける!』

と思っていても、それが思い込みにすぎず売れなかった場合、
個人がリスクを背負ってしまうことになります。

そうならないためにも、
まずは徹底的にお客様のニーズをリサーチし、
そのお客様のリストを集める必要があります。

ダイレクトレスポンスマーケティングにおける『集客』とは、
ただたんにお客様を集めるということではなく、

見込みのお客様を集める

ということです。

その見込みのお客様の名前とメールアドレスさえあれば、
いつでもこちらから商品をオファーすることができます。

 

テストを繰り返す

ダイレクトレスポンスマーケティングの一番の魅力は、
柔軟性高く、臨機応変にマーケティングを変えることができることです。

例えば、
見込みのお客様に対してメールマガジンなどで商品をオファーした時に、
予想以上にレスポンス(反応)がなかった場合、それを分析し、
また別の手法やアプローチを試すことができるわけです。

そういった柔軟性のあるマーケティング手法でもあり、
インターネットとの相性は抜群です。

ダイレクトレスポンスマーケティングを実践する前は、
この基本的な考え方を忘れないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人生の選択肢を増やすための永田武公式メールマガジン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る