ブログ

日給5,000万円の男からのメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どうも。
ビジネスアーティスト永田武です。

sm

先日、ここのメールで紹介したミニドラマ、
おかげさまですごい反響をいただいております。

▼完全オリジナルミニドラマはこちらから▼
https://take-yan.com/douga/

 

通常の感想メッセージやアンケートもいただくのですが、
なにより多いのが、同じビジネス実践者からの声です。

  • 一人でどうやって作ったの?
  • ちょっと感動しちゃいました。
  • 毎日でも見たくなっちゃいますね。

などなど。

同業者(?)から認められるのは嬉しいものですねー。

思えば、バンド時代でも同じようなことがありました。

ライブハウスで初めて一緒になったバンドに、

『いやーめっちゃよかったっすね!!!』

って言われて、仲良くなることがあったんですが、
それとちょっと似ているような気持ちになるんですよね(笑)

『認められる』という感覚というか。

これがあるから、自分のやっていることに自信が持てるし、
またがんばろう!って思って『好』スパイラルになるんです。
※男ってみんな単純ですよ……。

日給5,000万円の男からのメッセージ

そんな『仲間たち』からのメッセージの中、
とある人からSkypeにメッセージが届きました。

『僕はこれを作れません』

と。

この『とある人』というのは、
私がオンラインのビジネスを始めた頃に出会った方です。

右も左もわからなかった私に、

『淡々とやりましょう。永田さんなら絶対に稼げます』

と常に言い続けてくれた方。

マーケターとしてはメールだけで1日5,000万円稼ぎ、
コンサルタントとしては、自身のコンサル生に、
月収100万円や月収1,000万円などの実績を出させています。
※冗談にしか思えないかもしれませんが、ホントなんです……(笑)

そんなメンターからいただいたメッセージ。

『僕はこれを作れません』

これって私にとっては最高の賛辞だなーと。

モデリングのススメ

振り返ってみると、
私のオンラインビジネス初期は、
メンターのモデリングばかりでした。

コンテンツの生み出し方であったり、
マーケティングやライティングであったり、
コンサルの準備方法なども最初はすべてパクリです。

手っ取り早く稼ぐ方法っていうのは、

『稼いだことがあるの人のマネをする』

ってことなんですよね。

色んな成功方法があるとは思うんですが、
最も手っ取り早く稼ぐ方法の一つだと思います。

ただし、
私はモデリングをしながらも常に意識していることがあって、
それは『オリジナリティ』を出していくということ。

『永田武にしか生み出せないものを創っていこう』

ということは常に意識していました。

というのも、一番ダメなのが、
そのままメンターのマネをし続けることなんですよね。

生み出すコンテンツも、マーケティングも、
書く文章も、創るブランディングも、
結局『どっかで見たような気がする』になっちゃう。

それだと、メンターがいなくなった時に、
なにをしていいのかわからなくなってしまうし、
なにより、やっていても全然面白くありません。

パクる部分はパクり、本質の部分はしっかりとこだわる。

あなたにしか創れないオリジナル曲を

これは音楽に例えても同じことが言えて。

ギターの持ち方とか、コードの押さえ方とか、
エフェクターの使い方とか、ライブハウスの出演方法とか、

そういう決まっていることは全部マネすればいいんです。

けど、
自分が生み出すオリジナル曲は自分のもの。

ここをマネしちゃいけない。

ここがバンドの軸となるわけで、
ここを認めてもらってこそ音楽で食べていけるから。

私の今回の動画コンテンツであったり、
新しくリニューアルしたサイトというのは、音楽でいう『新曲』です。

そこをメンターに、

『俺じゃあの曲作れないよ』

と言ってもらえた。

これって最高の賛辞なんですよね。
※大事なことなので2回言いました。

今後も、基本はしっかりと押さえつつも、
私にしか歌えない『曲』をどんどん生み出していかないとね!

永田武公式LINE@マガジン



LINE友達追加で、

バンドでメジャーデビューした話
声優オーディションに落ちた話
30代で未来が見えなくなった
ビジネスを始めたきっかけ
現在はいくら稼いで何をやっているのか
妻との出会い


などを語った、 ”本当の豊かなお金もちになるため”の動画をプレゼント!

友だち追加

パソコンの場合は、QRコードか、友達検索で以下のIDを入力!
@takeyan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook Twitter YOUTUBE google google

コンテンツカテゴリー

最近の記事一覧

ページ上部へ戻る